過去問はやった方がいいのかというと、やった方がいいでしょう。 志望する大学の過去の入試問題が手に入るなら、ぜひ有効活用してください。 まずは、問題の傾向を確認します。 入試問題というのは、それぞれの大学によって異なりますから、出題されやすい範囲や問題の形式を確認することは非常に重要です。 また、点数配分や時間配分を確認するのも大切でしょう。 それに、今の学習レベルでどのくらいの点数が取れるのかを知ることで、これから何をどれだけやらなくてはいけないかがはっきりします。 受験勉強というのは、志望する大学の入試問題で合格できるくらいの点数を取ることが目的で行うのですから、ただやみくもに勉強していては効率が悪くなってしまいます。 過去問は、実際の入試と同じ制限時間で、定期的に解いてみるのがオススメです。 そして、わからないところや間違ったところは、しっかりと振り返って理解するようにしておきましょう。 もしかしたら、似たような問題が出ることもあるかもしれませんよ。